複数税率対応レジ補助金の申請はお早めに!

消費税増率(2019.10)が近づいています。消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方々は、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを支援する補助金を活用ください。軽減税率実施への対応を円滑に進めるため、補助事業の完了期限が延長となりました。申請方法は2つパターンあり、指定業者による代理申請も可能です。

期限  A型2019年12月16日
    B型交付申請2019年6月28日

補助 

A型:レジの種類や複数税率への対応方法(導入/改修)
複数税率に対応できるレジを新しく導入、既存のレジを複数税率へ改修するときに使える補助金。
レジ1台あたり20万円が上限 ※1事業所200万円上限
※基本補助率2/3
※1台のみ機器導入かつ導入費用3万円未満は補助率3/4
※タブレット等の汎用端末は補助率1/2
   
B型:電子的な受発注システムの改修・入替

データで発注するシステムを利用する事業者のうち、複数税率機能へ改修・入替を行う場合に使える補助金。
発注システム補助上限1,000万円(小売事業者等)補助率2/3
受注システム補助上限150万円(卸売事業者等)補助率2/3
※補助対象範囲外の機能を含むパッケージ製品・サービスは1/2

詳細 www.kzt-hojo.jp ※ご確認ください(随時更新)
問合せ 軽減税率対策補助金事務局 TEL0570-081-222