史跡・名所1

■立屋敷遺跡

遠賀川の本流が遠賀村西川を流れていた頃、水巻の湿地帯は地味豊かな低湿地で、立屋敷遺跡では水田農耕技術を持つ民族が集落を営むようになり、弥生式文化が芽生えた。

今まで丘陵地に住んで、狩猟、漁猟を主としていた人たちは、低湿地に進出して大陸の文化の伝達者から、稲の栽培方法を教わり、農耕を主とした新しい生活に入った。

立屋敷遺跡から発見される、弥生式前期時代の土器と共に発見される縄文時代後期の夜臼式土器は、縄文人の推移を物語るといわれ、大陸から移動した民族ではないことを立証しており、この地方の農耕文化の起源が博多平野と共に日本でも最も古いとされている。

現在でも同遺跡には無数の土器が砂中にあるいは、川底に散乱しているが、当時としては他に類をみないほどの大集落であったことを物語っている。(水巻町誌より)



■吉田工業団地

元日炭労務課長の西尾司町長は41年「快適で住みよい町づくり」を目指しマスタープランを策定し、北九州工業地帯に働く人々のための住宅都市の建設を行うこととしました。生活基盤の整備を行うこと、幹線道路の整備、公営住宅建設、工業団地を造成し企業誘致を図ることを重点課題とした41年高尾団地の造成、42年みずほ団地造成、42年吉田工業団地の造成がおこなわれました。

かって花形産業であった石炭鉱業は合理化に追い込まれ、閉山、離職者、生活保護と日本経済の暗部に転換しました。そこで生じる社会的、地域的摩擦を軽減するために、石炭六法が実施されました。産炭地域振興公団は、第一礦閉山とともに片山、常盤、第一礦社員住宅の三隣接地域に吉田工業団地を造成しました。この工業団地に企業が進出することとなり長谷川仏壇店が吉田に進出しました。平成17年現在和洋食品協業組合など9社があります。長谷川仏壇は現在ありません。(増補水巻町誌)



■十三塚

平家の落武者がおらび山(現在のおかの団地)を降りて、十三塚(猪熊)で自害をした悲しい運命を弔って、13本の巨木が植えられてありましたが、大正9年に松は猪熊の財産として刈られてしまいました。その松を刈ったためにその翌年に村の主だった人々13人が亡くなったことは不思議とされています。この付近には山伏塚、山伏の頭巾塚などがありますが、いずれもこの13塚に付随したものであろうといわれています。庚申塚があったというから村境のしるしでもあったのでしょうか。多くの13塚、山伏塚、頭巾塚といわれるもののほとんどが村境にあるということです。(水巻町誌)十三塚は猪熊小学校門の真向かいにある小山にあり、現在塚は見当たりません石碑が建っています。



■住宅団地

日炭閉山後社宅跡地の買収について、地域開発のため用地確保のため48年伊藤町長を理事長に水巻町土地開発公社が発足しました。まず日炭跡地開発の一つとして高松と三ツ塚開発計画に着手、両地域を「住宅改良事業法」に基づく地区指定区域にして、5ケ年計画で改良住宅730戸(町事業)県営住宅600戸を建て、道路・公園・集会所・店舗など近代的環境に改造しました。

炭住改良事業は昭和45年から55年度まで13年間続いた。第一礦地区(吉田、鯉口)、第二礦地区(梅ノ木、高松、三ケ頭)の炭住が対象でありました。

 49年4ケ年計画で改良住宅(高松)735戸のほかに、県営住宅(おかの台)600戸の誘致が計画され、梅ノ木炭住跡地に住宅公団の進出が内定しました。

「水巻町は町営住宅2,164戸、県営住宅816戸、雇用促進住宅80戸、住宅都市整備公団1,134戸、合計すると4,194戸の公営住宅を持つ日本一特異な町」(61年西部タイムス掲載)になりました。(増補水巻町誌)



■報恩寺(ほうおんじ)

浄土宗報恩寺は旧地名で城の腰にあります。本尊は木造阿弥陀仏で寺号は古城山地蔵院報恩寺といいます。穴生の弘善寺の末寺として、開基は念与上人です。石段のそばにある宝塔である五輪塔は瓜生 家の先祖を供養したもので享保の日付があり、水巻ではこのような供養塔は珍しいものです。